生理学分野では、多様な海洋環境に生命が適応するしくみについて、遺伝子から個体レベルにいたるさまざまな技術を駆使して、その解明にチャレンジしています。特に、優れた体液調節のしくみを持つ真骨魚類(ウナギ、サケ、メダカ、トゲウオなど)と、尿素を利用する軟骨魚類(サメ、エイ、ギンザメ)に注目しています。

それぞれの特徴的なしくみを解明するだけでなく、共通性と多様性という比較生物学的解釈を加えることによって、それぞれの現象を生物の進化という時間軸に沿って理解することを目指しています。

研究内容の詳細はこちら